カーブスの安全予防対策

新卒者インタビュー

インベントクリエイション株式会社新卒者インタビュー
新卒者インタビュー
インベントクリエイション株式会社新卒者インタビュー

佐藤コーチ

インベントクリエイション株式会社新卒者インタビュー

内田コーチ

2020年度入社のコーチに話を聞いてみました。
就職活動中の学生さんへのアドバイスやメッセージも!

佐藤コーチ

インベントクリエイション株式会社新卒者インタビュー
佐藤コーチ
インベントクリエイション株式会社新卒者インタビュー

もともとは人見知りの私。コーチになってコミュニケーション能力が上がり、「本当に人見知りなの??」と驚かれるようになりました。

学生時代どんなことに力を入れていましたか

短大での専攻はブライダルコースでした。ブライダル業界は接客業なのでコミュニケーション能力が問われます。人見知りだったのでコミュニケーション能力を上げられるよう、海外研修に参加したりしていました。
海外に行って人見知りが完全に治ったわけではないんですけど、人と関わることが好きなんだなと改めて思えました。話すことが楽しいし、人と関わることをこれからもやっていきたいなと思いました。

就職活動について教えてください。コロナ禍で大変でしたよね

専攻がブライダルコースだし、はじめはバイトをしていたドレスショップで就職をするつもりだったんです。

それがコロナでブライダル市場は大打撃を受けてしまって。予定していた挙式が全部キャンセルになって売り上げがゼロになってしまったりしていました。

友だちや周りの人も面接などが全部キャンセルになったりして、なんで私のときだけこんなことになるんだろう…って本当に思いました。すごくショックでした。

就職するはずのドレスショップも「4月から社員として迎えるね」と言われていたのが、「社員でなくてバイトで」という話になってしまって。
バイトではなく正社員として就職はちゃんとしたいなと思って、別業界の企業を探し始めてインベントクリエイションと出会いました。

人と関わる仕事だし、家からとても近かったんですよ、場所が。
面接も研修もとっても近いこの場所だったし、それだったらいいかなと思って応募したのが最初ですね。

佐藤コーチ

コロナに翻弄された就職活動でした。

実際のご自身が受けたインベントクリエイションでの面接などはどうでしたか

あんまりたくさん他の企業の面接は受けてないのですが、それでも最後までちゃんと話を全部聞いてくれたりとかその辺りをちゃんとしてくれるところってあんまりなかったんです。人が多かったからかもしれませんが。

インベントクリエイションでの面接は話をちゃんと聞いてくれて話しやすいからとてもいいなと思いました。
すごくしっかりと聞いてくれて、共感もしてくれてとてもよかったです。印象が本当によかった。

入社されて半年が経ちましたがいかがですか

とてもコミュニケーション能力が上がったと思います。「本当に人見知りなの?」と言われるようになり、とてもうれしく思っています。
自分の中でも「成長したんだな!」と思っています。
しゃべるのも上手になったりとか、電話も嫌いだったんですが緊張せずに話せるようになってきました。

メンバーさんにお声掛けされることもありますか

「成長したね!」と最近よく言われます。
声が大きくなったねと言われたり、自信が出てきたねって言われたり。
すごく褒めていただいてありがたいです。メンバーさんに見つめてもらって育てていただいているという感じですね。とてもうれしく思っています、本当にいろいろと褒めていただけるので。

佐藤コーチ

入社してからコミュニケーション能力が上がりました。メンバーさんにも「成長したね」と言われます。

今後インベントクリエイションで実現したいことはありますか

そうですね、まだやっぱり初対面の方とお話するときは緊張したりしゃべれなかったりすることがあるので、もっとコミュニケーション能力は上げたいなと思いますね。

ここに入ってから知った健康の知識とかがすごくたくさんあって。こういうのって知らない人もたくさんいるんだろうなというのを自分でも実感しているので、カーブスに入会するとかでなくても、友だちとかにもそういう健康の知識を伝えていけたらいいなと思っています。

入社して大変だったことを教えてください

大変だったことは、すごくたくさん覚えることがあって。
やっぱりこれまで学校で学んでいたこととは全然違う業界に入ったので、一から覚え直して知識をつけて。運動も得意な方ではなかったので、ほんとそれも一から覚えていって。覚え直さなきゃいけないのは本当に大変でした。
それを乗り越えて、克服して、今はいろんな知識を伝えられるようになりました

先輩などとの関りについて何かありますか

ちょっと悩んでいたりとかしたときに、悩んでることを言わなくても「どうしたの?」って聞いてくれることとか、悩みを相談したときには最後まで解決策を一緒に考えてくれたり相談しやすい雰囲気です。とても話しやすいです。

佐藤コーチ

覚えることがたくさんで大変ですが、人間関係がものすごくいい!話がしやすく、相談もしやすい雰囲気です。

これから就職活動をしていく学生さんにメッセージをいただけますでしょうか

そうですね、私自身が学生のときに学んだこととは全然違うことをやっているんですけれども、やっぱり新しく挑戦してよかったなと思っているんです。

メンバーさんが筋トレの成果とかを聞かせてくれたりするんですが、「私本当に歩けなかったのよ」とか「外に出られなかった」とか「悪かった数値が良くなった」とか、すごくうれしそうに教えてくれて。

それって健康意識が上がったり、人生の質が上がったりしていること。
そこに私の仕事が繋がっていて、本当に人の役に立つ仕事で本当にすごく良い仕事だと思うので、ぜひ挑戦していただきたいと思っています。

佐藤コーチ

本当に人の役に立つ仕事です。とてもいい仕事なのでぜひ挑戦していただきたいです。

インベントクリエイション株式会社

内田コーチ

インベントクリエイション株式会社新卒者インタビュー
内田コーチ
インベントクリエイション株式会社新卒者インタビュー

誰かをサポートする仕事を探していました。仕事は楽しくて毎日がとても充実していますね。自分自身の成長も感じています。

学生時代どんなことに力を入れていましたか

大学では国際関係、アジア方面について学んでいました。
力を入れていたのはバイトですね。個人経営の小さな居酒屋さんで3年間続けました。それからバスケのサークルに入っていました。中高とバスケをやっていて、体を動かすことは好きな方です。

就職活動について教えてください。コロナ禍で大変でしたよね

もともとは旅行業界を希望していました。旅行の会社に絞って就職活動をしていたのですが全滅で。8月にインターンにいけた人はまだいいけれど、私は行けなかったので、その後から活動をしようとしたら、説明会もキャンセルとか無期限の延期とかになってしまって。もう旅行業界自体の採用がなくなってしまい、景色がガラッと変わってしまっていました。

コロナ禍で就職活動の景色もガラッと変わってしまいました。

そういった中でインベントクリエイションを目指されたきっかけはどのようなものだったのですか

旅行業界がダメになってからいろんな業種に手を出しました。
自分が何か直接人にすることで誰かが喜んでくれるようなもの自分が行動することによって誰かが幸せになるような仕事を探したいと思っていました。
人の役に立ちたいと思いながら、どうやっていったらいいかをずっと探していて、その中でインベントクリエイションを見つけました。

もともと高校で女子バスケット部の選手兼マネージャーをしていて。マネージャーの仕事を通して、誰かを支えていくというのはとても楽しいなと感じていました。

今の仕事も誰かをサポートしていくもので、しかも運動系ということで、自分も体をそれなりに動かしてきたのでいいなと思いました。

インベントクリエイションで面接などを受けていただいたときの印象はどうでしたか

面接を受けたのは私がすごく病んていたとき、気持ちがめちゃめちゃに落ちていたときだったんですね。就職活動で何社も何社も落ちてしまっていて、残念な結果が続いていて元気がなかったときに1回目の面接を受けさせていただいたんです。

そのときに今のマネージャーの竹内さんがとても温かくて
初めて自分の話をちゃんと聞いてもらえるという面接で、とても嬉しかったんですね。

なんかそのときも「いい会社だよ」というのは教えてもらって、しかも面接が全然嫌な感じがなくて。面接にくるという感じでなくて普通に自然体で話せたのがとてもよかったです。

内田コーチ

面接で温かい雰囲気を感じられたのは、何社も受けた中で初めてでした。

実際に入社されてからの雰囲気はどうですか

楽しいです。自分が成長しているいうところに実感があります。毎日が充実していますね。仕事に一生懸命になれますし、話を聞いてくれる人もいますし、本当に毎日が充実しています

入社して大変だったことを教えてもらえますか

仕事と家のこととの両立が大変でしたね。同棲をしていて家事とかを全部私がやっているので、最初の方はうまく手抜きができなくて抱え込んでしまって大変でした。
掃除やらなきゃとか、洗濯しなきゃとか、毎日ご飯作らなきゃとかプレッシャーがありました。

もともと一人暮らししていたときも自分の生活をちゃんと整えていたいタイプでした。明日洗濯をしてこの日何をしてというのを一人暮らしのときもしていたので、その癖のままリズムそのままでやってしまっていました。

とりあえず手伝ってもらって、あと自分が無理をしないように今日やらなくていいものはやらないというように意識を変えていく、今日やらなくても大丈夫、今日は手を抜こうとかそんな感じで今はなんとかやってます。

入社してから自分が成長しているというところに実感があります。楽しいです。

これから就職活動をされる学生さんに対してメッセージをお願いします

私はこの会社に入って仕事の概念が変わったというか。これまで仕事は辛いものというイイメージだったんですよね。上の兄弟とかから仕事は辛いものということを聞いていたのでそんなイメージだったんです。でもそれが変わった、そうじゃない。大変なことはあるんですけど、苦しくはない

会社に行きたくないとか、仕事がいやだとか、そういう気持ちにはまったくなったことがないんです。今日も頑張ろう、みたいな気持ちで。

普通になんか疲れたとかはあるんですけど、もう休みたいほど行きたくないとか、そういうのはまだないです。

インベントクリエイションに入ったからそうだったのかもしれませんが、他の会社を選んで就職をしても、仕事は辛いものってイメージだけでいると自分も辛くなってしまうと思うので、辛いだけじゃないよ、というのは学生さんたちに伝えたいですね。

内田コーチ

仕事は辛いだけのものじゃないです。大変なことはありますが、苦しくはないですよ。

インベントクリエイションに入社して、
私らしく働きませんか?

インベントクリエイション株式会社店舗紹介
社会貢献活動
インベントクリエイション株式会社お客様の声
ジョブメドレー